SIMフリーにするとどういったメリットがあるのか?

女性

中古品購入の注意点

携帯電話

携帯キャリア以外のSIMを利用する理由

携帯キャリア以外の会社のことをMVNO(Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信業者))といいます。SIMフリーにする理由としては、このMVNOが利用できることでしょう。MVNOを利用することで何が便利なのかというところですが、携帯キャリアに比べると通信料が格安であることです。少し前までは、格安SIMと呼ばれておりました。

携帯キャリアとMVNOの料金の違い

実際に携帯キャリアの料金形態とMVNOでの料金形態はどのくらいの差があるのかというところですが、ユーザーが使用する通信料によっても異なります。基本的に携帯キャリアで用意されている定額プランの通信料はメールやネット通信の他、ダウンロードなども含めて多めの容量で3GBくらいの利用を想定して設定されています。

SIMロック解除をするための手続き

端末にもよりますが、SIMロック解除が必要な端末とそうでない端末とがあります。購入を予定している端末が手続きが必要かどうかを確認しておきましょう。もし、SIMロック解除が必要な端末の場合は、各キャリアで手続きを行う必要があります。キャリアによって本人でなければいけない場合とそうでない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

保証サービスの期限内かどうかをチェック

キャリアで購入してから2年以内の端末の場合は、保証サービス期間内である可能性が高いです。保証サービスの種類によっても年数が異なりますが、家電販売店などが用意している保証などであれば購入日から1年間、Apple社で用意している保証であれば2年間の有効期間があります。

SIMフリーにするにあたって必要なことを確認しよう

端末によってはSIMのサイズが異なります

iphone4世代から5世代にかけて今までMicro-SIMであったのものが、Nano-SIMに変更されています。MVNO契約をする場合、こういったサイズの異なるSIMに対応している会社であるかどうかの確認が必要です。既に端末を所有していて、異なるSIMサイズの端末を購入した場合は各キャリアでのデータ移行の手続きが必要になります。

SIM交換をする場合は破損に注意しよう

SIMカードはとても小さな精密機械です。そのため、交換時にSIMカードを破損してしまったり、トレイ部が壊れてしまうこともあります。取り扱う際には細心の注意を払って交換するようにしましょう。また、各キャリアのSIMからMVNOのSIMに交換した場合、携帯キャリアでは対応することができない点についても注意しましょう。

契約を乗り換える場合の料金を確認しよう

契約の切り替えを行う際に気になるのは、やはり違約金です。違約金はどの携帯キャリアでも9500円となっています。違約金の支払いに関しては出品者によって未払いであったり、既に支払い済みであることもあります。出品者によって状況が異なるので、購入前に余分な出費を増やさないためにもチェックしておきましょう。

携帯キャリアとMVNOの通信速度の違い

MVNOでは、料金を安くするために通信速度を抑えている場合もあります。ネット通信などの利用頻度も少なく、そこまで速度において困っていないという方であれば、通信速度を少し抑えて各キャリアの契約からMVNOに乗り換えるのも悪くないでしょう。ある程度の通信速度を確保したいという場合には、MVNOであっても多少料金は高くなるということを覚えておきましょう。

MVNOを提供している会社について

基本的にMVNOを提供している会社はインターネットの通信を提供しているプロバイダです。大手メーカーであるYahoo!やBIGLOBE、楽天などでもMVNOの契約ができます。提供している会社によって利用できる通信制限の量や料金、速度などが異なり、3社の携帯キャリアに対してMVNOを提供している会社は数多くあるので、利用環境に合う会社を探してみましょう。

こんなにも違う携帯キャリア契約とMVNO契約

携帯キャリアで定額のパケ放題を利用するとなると、ネット通信のほかにも電話通信も含めて約5000円~7000円といった料金になることがほとんどです。また、定額でない場合の料金の通信制限量でも音楽のダウンロードやYoutubeなどの動画サイトを利用することが少ない方にとっては、使い切れないこともあります。MVNOの場合はそういった点も加味して、最大の通信制限量を低く設定して、契約料金を約2000円程度に押さえています。

増加し続けるMVNO、契約のために必要な端末の用意

携帯キャリアから格安のMVNOに乗り換えました(女性・20代)

MVNOは社会人でない学生なんかにはとてもいい契約内容だと思っています。もちろん、ユーザーの使用頻度とかにもよるかとは思いますが、過度に利用するわけでもなくいつでも利用できるという環境がほしい方にはMVNOは便利だと思います。

端末が壊れたので、端末購入と同時にMVNO契約(女性・40代)

前々から安いと伺っていたMVNOですが、特別乗り換える機会もなく今までは携帯キャリアの契約で利用していました。しかし、突然端末が故障してしまい、新たに端末を購入する必要が出てきたので、日頃から電話は利用してなかったのでMVNOに乗り換えてみました。キャリアの電話回線は利用できませんが、そもそも電話をしない私にとっては最適な契約内容です。

LINEやSkypeを使う方には便利です(男性・30代)

普段の電話は家族との連絡で使っていて、またその電話もLINE通話やSkypeを利用しているのでネット通信の環境さえあればよいということからMVNO契約に乗り換えました。不要であった電話回線分の料金の上乗せがなくなった分、格安で満足しています。

格安で使えるネット通信が便利です(男性・40代)

日頃から家にいることが多く、電話は固定電話だけで済んでます。そのため、携帯キャリアとの電話通信が今まで余分だなと感じていましたが、最近CMなどでもよく見かけるようになったMVNO契約に切り替えてみたところ、1ヶ月でかかる料金が安くなりました。

外出先での地図検索が便利(女性・30代)

あまりネットを使う機会は少ないのですが、旅行やドライブなどで出かけた場合に時折道がわからなくなることがあります。そんな時だけネットを利用して地図を調べてます。使う機会が少ないので一番安い契約で十分という理由からMVNOを使うようにしてます。

iphoneは人気端末であるゆえに販売総数は多い

国内でもトップの売上を誇る端末「iphone」は、所有者の多さから中古で販売されている数もかなり多いです。中古で購入すると傷なども気になるところですが、キレイな端末を探すのは販売数がカバーしてくれるので簡単に見つけることができるでしょう。出品者とのトラブルも避けるため、出品者がどれだけの情報を明記しているか、また購入者も購入前にチェックしておくべき項目はどういったものがあるかを把握しておくことが重要です。

広告募集中