知らないまま購入すると利用できない場合もある

女性

中古で購入する場合のメリットやデメリット

やはり、中古というだけあって安く購入できるという利点だけではないことを認識しておくことが必要です。私達が日頃からネット通信が使えるのは通信サービスを提供している会社あってのことです。それには様々な手続きが必要であり、それは中古品においても同じことなので、それらの手続きのことも考慮して購入を検討する必要があります。

便利なiphoneを有効活用するなら、機能に詳しくなろう

中古端末の購入は、ロック解除が前提条件

現在では、多くの方がiphone端末をネットで中古販売していることが多くありますが、それらの端末を別の方が利用するためにはまずアクティベーション機能を解除することが必要です。情報漏えいを防ぐための機能でもありますが、逆にこの機能が邪魔して端末自体が利用できなくなっては元も子もありません。購入前には解除されているどうかを必ずチェックしましょう。

残債のチェック、残っている場合の対応

iphoneを購入したユーザーの多くは、分割払いで購入されてる方がほとんどです。その分割払いはネットで売りに流している端末でもまだ残っている可能性があるため、必ずチェックが必要です。もし、残債が残っている端末の場合は購入を避けるのが無難です。もし残債が残っている端末を購入する場合は、使用状況の判定が「✕」になった場合の保証、赤ロム保証を行っているショップからの購入がよいでしょう。

きちんと機能するかどうかの動作チェック

ネットでの購入で一番怖いのはこの部分でしょう。ネットでの購入の場合は、実店舗での購入と違って実物を見ることや触れることはできません。そのためネットに記載されている情報が全てとなります。端末が使用できるかどうかが不明な場合は、故障品という意味合いでジャンク品という風に記載されていることもあります。

タッチパネルの傷やボタンの凹み

長年愛用されていた端末、もしくは使用状況によっては短い期間でもかなりの傷がついている端末などもあります。落下などが頻繁にあったような端末の場合は、表面上に傷がない場合でも内部の物理的な故障がでる可能性もあります。外部の傷や凹みについては、交換用のパネルやフレームなどが販売されていて簡単に直すことはできますが、内部の故障の場合だと修理代が高くついてしまうこともあります。

内蔵バッテリーは消耗具合のチェック

頻繁に充電を行ったり、長期間利用されてきた内蔵バッテリーは次第に本来の駆動時間よりも短くなっていきます。バッテリーの劣化を気にしてあまり端末を利用しないということ難しいので、劣化してきた場合の対応方法を考えておきましょう。AppleCare+に加入している端末であれば、蓄電容量が80%未満になった場合は無償にて交換してくれます。もし、補償なしの交換となると8800円の料金が必要となります。

購入前に確認すべきこと

携帯

残債が残っているものを購入した場合どうなるか?

iphoneの価格は、基本的に数万円と高額な端末です。そのため、中古での購入時点でまだ残債が残っていることもあります。残債が残っているという点に関しては問題ありませんが、問題は支払状況です。もし、前ユーザーの方の支払いが滞ってしまうとその端末が利用できなくなってしまいます。

残債の支払状況を確認するIMEI番号

携帯キャリアで購入した端末はIMEI番号というものによって支払状況が管理できるようになっています。中古で端末を購入する場合は、IMEI番号を必ずチェックするようにしましょう。確認の仕方は、判定が◯の場合は残債なし、△の場合は何かしらの問題がある状況、✕の場合は完全に利用することができない状況を示しています。

盗難防止用のアクティベーションロックの解除

元々、盗難時に情報が漏洩しないようにするためのシステムですが、これが中古での取り引きをする場合にIMEI番号に次いで最も注意が必要です。アクティベーションロックは所有者の方でなければ解除することができません。それゆえ、アクティベーションロックがかかったままのiphoneを購入した場合、利用するには本人の方に解除してもらうか、解除するためのパスワードを本人から教えてもらうために再度連絡を取るなどの対応が必要となります。

中古でiphoneを購入したユーザーの声

やはり気になるのは出品者の評価です!(男性・30代)

いくら販売されている商品が良いものであっても、取り引き相手の対応がよくないと格安な値段の購入でもなんだか損をした気分になります。そうならないためにも自分は真っ先にその出品者の評価をチェックするようにしています。評価はその出品者をいい人かどうかを確認するのと同時に、今までの取り引きがちゃんと成立しているかどうかをチェックするのにも役立ちますしね。

最安値で購入できるオークションが便利(女性・20代)

最近の端末はどれもこれも値段が高いのでどうにか安く購入できないかと私が利用しているのは、やはりオークションサイトです。オークションの場合は確実に購入できるわけでなく早い者勝ちとなりますが、タイミングによって良い物を思いがけない価格で購入できるところが気に入ってます。

指紋などが気になるので購入するなら新古品(女性・20代)

中古品は前ユーザーの方が利用しているものであるため、前の方の指紋などがついているのがどうしても気になってしまいます。そこで、安い且つ新品という商品に着目したところ新古品に辿り着きました。新古品であれば、箱が未開封で触れられていないほぼ新品状態であるため、気兼ねなく購入できます。

ちょっと面倒なアクティベーション機能(男性・30代)

iphone側で元々用意されているアクティベーション機能は中古品を購入する人にとってはちょっと面倒です。わざわざ出品者に対して解除しているかどうかを確認する必要があるので、私も購入前に確認を取っています。私は何度か利用しているのでいいのですが、初めての人はわからないこともあるでしょうね。

残債の判定には注意が必要です(男性・20代)

ネットで中古品を購入する場合は、安く購入できるメリットがあるのはそうですが、一番怖いのが残債ですね。IMEI番号で各キャリアのサイトから判定のチェックができますが、たまに購入時点で「◯」であった場合でも、何かしらの理由によって「✕」になることもあるので、赤ロム保証やってるショップでの購入のほうが安心できますね。

iphoneは人気端末であるゆえに販売総数は多い

国内でもトップの売上を誇る端末「iphone」は、所有者の多さから中古で販売されている数もかなり多いです。中古で購入すると傷なども気になるところですが、キレイな端末を探すのは販売数がカバーしてくれるので簡単に見つけることができるでしょう。出品者とのトラブルも避けるため、出品者がどれだけの情報を明記しているか、また購入者も購入前にチェックしておくべき項目はどういったものがあるかを把握しておくことが重要です。

広告募集中